40代からの仕事探しは何を重視して探したらよいのだろうかう

学生時代はアルバイトに明け暮れて、色々な種類の短期バイトや土日のバイトをいれて、たくさんの良い経験をさせてもらいました。今考えても本当に楽しい時期だったし、やってよかったなーっていうのは間違いなく思います。

学生と卒業してからは、専門性を生かした仕事に無事につくことができ、自分の興味のある職につくことはできましたが、なかなか楽しいことばかりではなかったようにも思います。やhりバイトとは違い、つらいことや嫌なこともやらなければなかったり、始業時間も早く残業も当たり前の環境だったので、けっこうストレスもためながら働いていましたが、お給料をもらい、一人暮らしを続けるのも必要なので、なんとかかんとか頑張れたかな、という状況です。

その後、何度か転職しましたがどこの職場で働いたとしても、少なからずメリットやデメリットはあるもので、そして何よりも人間関係がどこにいっても色々難しいことがあるなあと。ひとそれぞれ個性があるので、関わりかたはマニュアルのようにはいかないし、でも毎日一緒に9時間くらいともに過ごすことになるので、相性は大事だと思います。

転職を考え、面接を受けようと考えたさい、仕事内容や給料などの条件面は誰に簡単に確認することはできますが、実際にはたらいている人の声は中にはいるまで聞くことができないのが難点。職場内の事情をコンサルタントの担当さんにきけるような既卒からの就活で失敗しない!エージェントおすすめ4社などを使うのが、てっとり早く内部事情をしったり、成功するのには必要なことだろうと実感はしています。

どう頑張っても、人間関係だけは入社してみて、働きはじめてみないとわからないものですよね。ここが最大の難点だと感じています。それ次第でそこの職場で働き続けることができるか、やめることも検討しなければならないのか、分岐点になります。

40代からの仕事探しを考えると、やはり給料などの条件も大事ですが、人間関係や働く環境を重視したいところです。そもそもが年代が上になるにつれて、求人数が減るので、選択肢が減るという問題もあるのですけれどね。。
もちろん、健康面も大事なので必要以上のストレスを貯めることも避けたいです。睡眠の時間と質も重視して、体のコンディションが良い状態をキープしたいというのも希望しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です